手は全身の鏡~手をいたわる健康法~

手をもむだけで不調を改善

皆様は、日頃どれくらい手のお手入れを行っていますでしょうか?
手はとても働き者で普段から酷使されています。

手に感謝の気持ちを持って、手もみをすると不調の改善や健康増進が期待されます。

手のひらや甲には身体の器官や臓器に対応したエリアがあります。
手の支配神経は首から出ており、肩から上の不調には特に効果が高く、さらに脳、肺、心臓、めまい、耳鳴り、動悸、吐気、目の疲れ、老眼など神経を経由して全身に分布します。(後述する「手もみマップ」参照。)

ITの進歩や分業が進み現代人は活動量が減り、座り時間が長くなっていることが不調の原因となっています。

ぜひ、手もみから初めて、活動的な生活スタイルを確立していきたいですね。

基本の手のもみ方

①~④の手順の後に、ご自身か気なる不調に対応したエリアを強めに手でもんでください。 手もみマップで気になる場所を確認してください。 手は脳との関連性も深く、ストレス解消や認知症予防にも繋がりますので、ぜひ習慣にしてください。

手もみマップ

文献:『ゆびほか 2021年1月号』

手もみと合わせておすすめしたいのが、【ジョテイシマカZ】です。

活力不足を感じる方は、まず1ヶ月試して見てください。

暴飲暴食、ストレス、多忙で疲れた体に元気がみなぎってきます。

女貞子(じょていし)が主成分のサプリメントは、他では手にはいりませんので、この機会にお試しください。

芸能人、医師、職人など体が資本のプロフェッショナルな方、美と若さを追求している方に知ってほしい、【ジョテイシ】、【マカ】、【亜鉛】の実力
タグ: